FXと円相場のマメ知識

レートの見方

違う国の通貨同士を換金する際に、その価値をを割り出すために数字を用いて『レート』というものが存在します。

 

レートは「外国為替レート」や「交換レート」と呼ばれ《1ドル=112円20銭》などと表されます。

 

このレートは世界中の銀行同士や仲介業者を通じた取引によって決められています。

 

よく、テレビのニュースなどで「◯◯時現在、1ドル115円50銭〜55銭で取引」と言っているのを耳にしますが、これが世界中で取引されているFXのレートです。

 

ちなみに、この『50銭〜55銭』の『〜』は“間”を表すものではなく、“売値”と“買値”を表示しているものなのです。

 

つまり、1ドルを“115円50銭で売ることができる”“115円55銭で買うことができる”ということを表しているということになります。

 

この50銭〜55銭の間隔「5銭」のことを『スプレッド』といいます。


HOME FXとは? レートの見方 円安?円高? 内国為替?外国為替? 外国為替取引について