包茎って文字がどうなのか

包茎って文字がどうなのか

包茎と言う言葉は、なかなか世の中の男性を悩ます言葉の1つです。
包茎かどうか、どれだけ包茎なのか、包茎治療を受けるべきか、
包茎手術をいつかしないといけないのか、などなど色々な場面で
考え、悩むことがあります。

 

そんな包茎、よく考えてみると、この文字、漢字、包む茎って
何か的を得ているような、的を得すぎているのも、今の包茎の
マイナス概念のもとになっているのかもしれません。

 

今マイナスイメージがついている包茎を、別の名前に変えてしまうのは
どうでしょう?
英語で、phimosis。フィモシス?

 

包茎よりまだ知られていない分いいのではないでしょうか?
包茎治療もフィモシス治療、包茎手術もフィモシス手術。

 

こうすれば、文字やこれまでのマイナスイメージとは別物として
しばらくは通用して、悩みを少し解消できるかもしれません。

 

包茎専門クリニックの人だって、フィモシスクリニックで通れば、
そちらの方がいいという人も少なくないかもしれません。
どうでしょうね。


HOME FXとは? レートの見方 円安?円高? 内国為替?外国為替? 外国為替取引について