FXと円相場のマメ知識

当サイトについて

ここ数年の間に銀行や郵便局で定期預金を作ったことがありますか?

 

20年も前であれば、郵便局の10年定期に預けておけば、かなりの利息がついていましたが、ここ数年間に預けたものであれば、微々たる利息しかついてないな、と思う方がほとんどだと思います。

 

そう考えると、もう預金ではお金を増やせない時代になっているのかもしれませんね。

 

ここ数年の間に、日本における個人の資産運用の動きは大きく変わってきました。

 

1990年代から、金利の低迷が始まり、それに伴い、海外の高い金利を求めて外貨預金が流行し、その後は、株取引の影響の為か、2000年以降にはFXの人気が高くなってきています。

 

当サイトでは、この「FX]やわかるようでわからない円相場の仕組みについてのご紹介をしています。

 

これから投資を始める、という方の参考になれれば嬉しいです。

包茎と言う言葉は、なかなか世の中の男性を悩ます言葉の1つです。

包茎かどうか、どれだけ包茎なのか、包茎治療を受けるべきか、

包茎手術をいつかしないといけないのか、などなど色々な場面で

考え、悩むことがあります。

 

そんな包茎、よく考えてみると、この文字、漢字、包む茎って

何か的を得ているような、的を得すぎているのも、今の包茎の

マイナス概念のもとになっているのかもしれません。

 

今マイナスイメージがついている包茎を、別の名前に変えてしまうのは

どうでしょう?

英語で、phimosis。フィモシス?

 

包茎よりまだ知られていない分いいのではないでしょうか?

包茎治療もフィモシス治療、包茎手術もフィモシス手術。

 

こうすれば、文字やこれまでのマイナスイメージとは別物として

しばらくは通用して、悩みを少し解消できるかもしれません。

 

包茎専門クリニックの人だって、フィモシスクリニックで通れば、

そちらの方がいいという人も少なくないかもしれません。

どうでしょうね。

為替相場とは円でドルを買い、ドルを売って円を買うことで差額利益を得ることを目的としています。

 

その取引場所として外国為替市場があります。

 

外国為替市場と聞くと証券所のような場所で取引がされていると想像しがちですが、実際には外国為替市場は存在しません。

 

市場として建物や会議所があるわけではなく電話、オンラインを通じて直接通貨を売買するので取引所が存在しないのがその理由です。

 

取引所が存在せず参加者同士で取引をする場合を「相対取引」と呼びます。

 

外国為替市場の中でも有名なのは東京外国為替市場、ニューヨーク外国為替市場、ロンドン外国為替市場の三大市場です。

 

そのほかにも世界主要都市で外国為替市場があり24時間取引可能なのが特徴です。

 

外国為替市場はニュージーランドウェリントン市(午前5時会場)からニューヨーク市場が終了する時間、翌日の朝6時まで続き、その時間にはすでにウェリントン市の市場が会場してますから、世界中でほぼ24時間取引可能となるわけです。

いままで外国のお金との取引についての話をしてきましたが、もちろんお金の流通は国内でもしているものです。

 

では、はたして国内と外国とで扱う為替の呼び方は同じなのでしょうか?

 

実は、為替の呼び方には2種類あって、国内で行う為替を「内国為替」、外国との間で行うのは「外国為替」と呼びます。

 

2種類の為替には若干の違いがありまり、「内国為替」は国内での為替取引であり、おおくの企業が採用している手形決済などがあります。

 

「外国為替」も基本は同じです、大きく違ってくるのは取引先が海外に限定されるので外貨に交換したうえで送金、決済しなければならないという点です。

 

今では外貨建て送金、決済だけではなく通貨交換も「外国為替」と言われるようになっています。

さて。ここでみなさんに問題です。

 

1ドル=115円だったのが、レートが変動して1ドル120円なった場合、円の価値はどうなったでしょうか。

 

正解は『円安』です。

 

一見、115円から120円と高くなっているのをみると『円高になった』といってしまいそうですが、そうではありません

 

今まで1ドルを購入するのに115円で買えていたものが、変動によって120円支払わなければ1ドルを購入することができなくなったのです。

 

すなわち、円の価値が安くなったということ『円安』を表しています。

 

円安・円高という言葉はニュースなどでよく聞きますが、FXを行うには『円高・円安』というものが最も重要であるといっても過言ではありません。

 

円高のときにドルを買って、円安になったときにドルを売る。そうすることによって利益が発生するのです。

 

「ドルの価値が安いときに買い、反対に価値が上がったときに売る。」と、ドルで考えるとシンプルで分かりやすいです。

 

“円安=ドル高”“円高=ドル安”と覚えておきましょう。

違う国の通貨同士を換金する際に、その価値をを割り出すために数字を用いて『レート』というものが存在します。

 

レートは「外国為替レート」や「交換レート」と呼ばれ《1ドル=112円20銭》などと表されます。

 

このレートは世界中の銀行同士や仲介業者を通じた取引によって決められています。

 

よく、テレビのニュースなどで「◯◯時現在、1ドル115円50銭〜55銭で取引」と言っているのを耳にしますが、これが世界中で取引されているFXのレートです。

 

ちなみに、この『50銭〜55銭』の『〜』は“間”を表すものではなく、“売値”と“買値”を表示しているものなのです。

 

つまり、1ドルを“115円50銭で売ることができる”“115円55銭で買うことができる”ということを表しているということになります。

 

この50銭〜55銭の間隔「5銭」のことを『スプレッド』といいます。

FXという言葉は、日本では『外国為替証拠金取引』という言葉を表しています。

 

ではそもそも、外国為替とはいったいなんなのでしょうか。

 

為替に関する言葉で「外為」「Forex」「FX」と様々な単語がでてきますが、実はこれらの言葉は全て同じ『外国為替』を表しているものです。

 

例えば貴方がアメリカに旅行に行くというとき、現地についたら日本円をドルへと換金しますね。

 

簡単に言えば、この換金、すなわち通貨同士の交換もFXなのです。

 

しかし、そうは言っても、実際の「FX]は単に通貨を交換するだけではなく、その取引によって利益を得ようとするものですから、旅行のときの換金のようには簡単に考える人はいないと思います。

最新ニュース

  • YAHOO地図・・・地図の検索、ロードマップ
  • YAHOOスポーツ・・・サッカー、野球、ゴルフ速報
  • YAHOOニュース・・・ニュース速報
  • YAHOO天気・・・最新天気情報
  • 債務整理
  • 美容皮膚科

  • HOME FXとは? レートの見方 円安?円高? 内国為替?外国為替? 外国為替取引について